DEBUがサブ3と100マイルを目指す!

70キロの壁に跳ね返えされ、体脂肪率が20%切れないのは仕様です。次の目標は国内マイルレース制覇。

【レースレポ】ONTAKE100マイル①

今回はランニング人生初。オールスポーツの写真買ったので、綺麗な写真織り交ぜながらお届けします。

と言っても単調な林道と乏しい文章力なので、いつもの感じで徒然と。

会場には14時頃に着。ウロウロして受付を済ませとりあえず車で仮眠。

連日の激務のおかげか、2時間くらい爆睡できた。

その後は焼鳥食べたり、パン食べたり、テーピング巻いたりしてのんびり過ごす。

なんだかんだ、あっという間に時間は過ぎる。

19時半のブリーフィングに間に合うよう会場行ったら、すでに始まってて第2関門まで説明終わってた(笑)。

これがOSJだよ。

周りを見るとレインとノーマルの割合は半々くらいか?

自分は蒸して発汗量増えるの嫌なので、レインはなし。

3年前は、マイル走る人カッコいいなーと思いながら見送ってた。

そんな中に、今は自分が選手としている。

これでゴールしたらマジカッコいいな。

23時間59分でもなんでもいいから、ゴールにたどり着きたい。

そんなことを考えていると恒例の祈祷も終わり、あっという間にスタート。

作戦は心拍数をとにかく抑える。

平地と下りは140以下。上りでも150以上にはしない。

そしてドロップポイントの86km地点を12時間。100km地点を13時間から14時間で余力を持って通過する。

余力って表現は結構曖昧なんだけど、86kmに到着した時点で飛騨高山ウルトラマラソンを1回走れる気力と体力があるイメージ。

この時間に通過できなかったら、もしくは86kmの時点で余力が無かったら潔くやめる。

こんな感じの作戦。

f:id:otokonodiet:20190710153227p:plain

Start-第1小エイド(24km)

スタートしてしばらくはロード。

周りのランナーみんな速い。キロ5分半とかでガンガン走ってる。

いつもなら釣られてペース上がっちゃうけど、今回は冷静だったので速いランナー横目にのんびり走る。

最初の20kmは600mガツンと上って、ドーンと下がるイメージ。

上りはゆっくりでも基本的には走る。下りは5分半から6分くらいで心肺にも脚にも無理なく走る。

14kmかけて上った分、10kmくらいかけて一気に800mくらい下がる。

雨はパラつく程度で涼しくて走りやすい。

水も500mlのボトル半分くらい使っただけで、最初の小エイドに到着。


到着時刻 区間タイム
プラン 23:25 3:25
結果 22:44 2:44

時刻は22時44分。予定より40分速いけど、無理なく走れているので悪くない感じ。

水はほとんど消費してなかったのでどっちでも良かったんだけど念のため補給。

しかしスタッフからは水売り切れましたの無常な一言。(笑)

さすがOSJ。雨降ってるからそれ飲んどけということか。

第1小エイド(24km)-CP1(38km)

ここから再び700mくらいアップ。

ここはパワーウォークと走りを交えながらジワジワ上る。

途中で雨が強くなってきたので、ようやくレインウェアを着る。

お腹もいい感じに空いてきたので、グミやういろうを食べながらのんびりと。

今回びっくりするほど心拍数上がらない。これはイケそうな予感。


到着時刻 区間タイム
プラン 1:25 2:00
結果 0:47 2:03

到着は0時47分。予定より約30分速いが、区間タイムはほぼ予定通りの2時間3分。

慌てて作ったペース表の割には優秀。

ここで早くもおにぎりが登場。OSJのレースでおにぎりなんてミシュラン2つ星くらいの価値がある。

しかも野沢菜とシソの2種類。

本当は2つとも食べたかったけど、後半のランナー分が足りなくなると思い自重して野沢菜をチョイス。

おにぎりは少し温かくて、めちゃくちゃ美味しかった。

CP1(38km)-C2(52km)

この区間は100km旧コースの逆周り。

とは言っても暗いので良く分からない。

とりあえず走れるところは、ゆっくりでも走る。

足は水溜まりもあって既にグヤグチャだったので諦めていたけど、手だけは冷やしたくなかったのでテムレス投入。

中途半端な手袋使うくらいなら、防水性の高いテムレスの方がマシだろうと持っていったけどこれは正解だったと思う。


©allsports.jp

今回オールスポーツの写真はじめて買った。

カムレイカとテムレスの組み合わせが抜群で違和感ない(笑)。

走れるアップダウンをこなしていくと、新しく設定された謎の折り返しポイントへ。

事前のブリーフィングで言ってたけど、折り返しポイントが奥に伸びたらしい。

スライド区間なので、みんな礼儀正しく左側通行で進んで行く。

しかしなかなか折り返し地点に到着しない。

行った分戻ってくる距離も長くなるので、だんだんストレスになってくる。

軽く上ったところで折り返し地点に到着。

スライド終わって少し進むと第二関門。

到着時刻 区間タイム
プラン 3:20 1:50
結果 3:06 2:18

時刻は3時6分。区間タイムは2時間18分なので、想定より25分くらい遅れた。

スライドの距離が伸びた分、到着が遅れたか?

溜めてた貯金を吐き出すことになり貯金は残り14分。

特に焦りはなく、逆に想定ペースに合ってきたので良しと考えれた。

時折かなり強い雨が降る。

身体が冷えないか心配だったけど、カムレイカで十分対応できた。

体力も気力も十分だったので、まだ3分の1だけどこれはイケるんじゃないかと考えてエイドを出発。

続きます。