DEBUがサブ3と100マイルを目指す!

70キロの壁に跳ね返えされ、体脂肪率が20%切れないのは仕様です。次の目標は国内マイルレース制覇。

【レースレポ】ONTAKE100マイル③

otokonodiet.hatenablog.com
その①はこちら。
otokonodiet.hatenablog.com
その②はこちら。

f:id:otokonodiet:20190710153227p:plain
ペース表。

第3小エイド(114km)-CP4(118km)

この区間って4kmしか無かったっけ???

全然覚えてないんだけど(笑)。

そうめんの写真時刻と公式のリザルト見ると43分だから、もうちょっとあったんじゃないか?

ってかここCP1と同じ一緒だったの?

本当に走ったのかと思ってしまうぐらい記憶が曖昧。

最初は逆から入ってくるからか、夜だからか理由は分からないが、最初は定番のエイドポイントとは気づかなかった。

フラフラと私設エイドに行き、無意識にコーラをいただく。

ここのコーラはいつも最高に美味い。

到着時刻 区間タイム
プラン 12:35 0:35
結果 12:39 0:43

予定より4分遅れ。でも残りは約42km。

フルマラソンと同じ距離。それを7時間でゴールすれば良いと思えば気持ちも楽になる。

というかいくら16時間走ってきたと行っても、フルを7時間なら余裕だろう。全歩きは無理にしても、下りだけでも走ればなんとか間に合うのでは。

そんな根拠のない謎の自信が生まれる。

CP4(118km)-第4小エイド(133km)

この区間の上りは思った以上にキツく、まったく走れない。

フレッシュな状態ならなんとか走れるんだろうけど、さすがに無理。

ほぼ全歩きで上って行く。

この辺りに来るとマイルの選手はごく僅か。

お互い声を掛け合うわけではないんだけど、同じ選手と抜きつ抜かれつを繰り返して進んで行く。

無言でそれぞれ引っ張り合う感じ。

話しかけようかどうしようか。

悩んだけど長い上りにもウンザリしてきたし、ここまで来たら同志だ。

話しかけられても嫌な気分にはならないだろうと、思い切って話しかけてみる。

残りのペースとか、コースのこととか。話しながら進むと気が紛れる。

お互い終盤のループ抜けるまで、引っ張り合う感じで進んで行った。

20時間超えてくると疲労も眠気もマックスで幻覚というか、見ている景色をしっかり認識できなくなる。

先の方で親子連れで応援してる人がいる。なんでこんな林道にいるんだろうと思って、近づいてくるとただの木だったとか。

ザックの忘れ物があるじゃん。なんでザック忘れるんだろうと思っていると岩だったとか。

木と黒い岩が、犬を連れて応援に来ている人に見えたりとか。

自分のザックの音が、後ろから追い上げてきたランナーの音に聞こえたりとか。

いろんなモノと戦いながら上りをパスしたら、次は厄介な下りが待ち受ける。

7kmくらいかな?

走らないといけない下り。ここを歩くとゴールは厳しくなりそうな気がしたので、キツイが重力に任せて走る。

終盤の長い下りは脚に堪える。

集中力も切れてきて、足首ぐねる、ぶつける、足の指痛いの三重苦。

このレース何回目だろう。

また戻ってきて同じ道を下ると思うと、さすがに心折れそうになる。

下り切ると2つ目のチェックポイント。

さすがに写真を撮る気力はなくて、すっかり忘れていた。

到着時刻 区間タイム
プラン 14:50 2:15
結果 15:07(だいたい) 2:28

予定より遅れてきた。

少し余裕も持って19時30分には松原公園に着きたいので、残りは4時間と15分。

距離は残り23km。

22時間台でゴール出来ると思っていた自分がバカだった。

さっきのエイドでの余裕が過信だったと気づかされる。

上りを10kmとしてキロ12で2時間。下り9kmをキロ8で1時間30分。ラストのロード4kmをキロ8で30分。残りだいたい4時間。

不可能ではないが余裕もない。

ゴールは薄っすら見えてきたけど、油断は全く出来ない。

ここまで来たんだ。意地でもゴールしたい。

最悪ゴールに間に合わなくても、自分の足で松原公園まで戻ろう。

気力を振り絞ってエイドを出発。

第4小エイド(133km)-Goal

これが最後の上りだから、上り筋は使い切っても良い。

出来るだけ走って上ろうと思ったが勾配がキツイ。

それでも脚だけは動かす。

止まると時間だけが無意味に過ぎて行くが、とりあえず進んでさえいればなんとかなる。

たまに走れる傾斜になるので、少しだけでも走れるとこは走る。

あとであそこを走っていれば、と後悔はしたくないので必死。

先に進むことに集中しすぎて、150km地点の看板を見逃した。

気づいたらいつの間にかピークは過ぎていて、下り基調になっていた。

モモマエロマエもさすがにパンパン。それでも余裕はないのでなんとか走る。

1回目とは違い、ループした後の2回目は100kmの選手が誰もいない。

下り切ると再びエイドに到着。

あと3km、4kmどっちですか?と聞くとあと6kmですと。

最後の最後までOSJクオリティ。

でも冷静に考えるとここのエイドはいつもの場所なので、残り3kmってことは絶対ない。5kmはある。

時刻は19時頃。

残り6kmで1時間。ほぼ間違いないと思うけど、この大会はOSJ。

万が一を考えて、プラス2kmは覚悟しても良い。

キロ7で行ってギリか。

走れるだけはとにかく走ろう。

上り多めだが、ロードなので格段に走りやすい。

松原公園見えるまで、時計は封印。

とにかく必死に走ったはずだけど、今ラップ見るとキロ7程度。

最後にデカイ傘とストロボで撮ってくれてるポイントがあった。


©allsports.jp

めっちゃいい感じに撮ってくれてる。

だけど残念ポイントがあって気づきましたか????

BUFFが裏表逆という大失態。

日が落ちてからBUFFに替えたんだけど、見事にミスった(笑)。

橋へ辿り着き松原公園の明かりが見えたところで、ようやくゴールを確信。

時間が遅いから人は少なかったけど、それでもゴール付近ではおめでとうと声を掛けてくれる人がいて嬉しかった。

ゴールする時は泣いたりするのかなと思ったけど、意外と感動ってのは無かった。

それよりも時間内に帰ってこれた安心感や、この2ヶ月の練習が報われてホッとした気持ちが強かった。


©allsports.jp

ゲートの奥ではループの時一緒に引っ張り合った選手が待っていてくれて、お互いの完走を讃え合いガッチリ握手。

ゴールした時よりこの選手に合った時の方が感動した。

まさに同志。そして戦友。

この選手がいなかったらあのループを粘って走ること出来なかったので、制限時間に間に合っていたかどうか。

ホントに助けられた。

Facebookで友達申請するって言ったけど、何故か検索出てこなくて未だに申請出来てない。どうしよう。

ブログ見て連絡くれないかな。

完走したら疲労と眠気と足の痛みが一気に襲ってくる。

荷物を受け取り、なんとか車まで辿り着くも早々に爆睡。

2時間ほど寝て車動かすも、猛烈な睡魔に襲われ路肩に寄せて更に爆睡。深夜に起きてコンビニまで辿り着くも、ここでも爆睡。

爆睡って言っても、膝痛いし、汗臭いしであまり熟睡できない。

結局家に着いたのが朝6時頃。

お風呂に入って、ようやく落ち着いて眠りにつく。

起きると荷物の片づけ、汗臭いウェア、ドロドロのシューズの片づけとやること一杯。

ようやくマイル完走した実感が湧いてくる。

当然だけど嬉しい。

いや、めちゃめちゃ嬉しい。

嬉しいって感情とともに、もっと練習すればもっと速く走れるなという感情も出てきた。

1度100マイルという距離を経験したことで、漠然としていたものが見えて来た感じ。

そして100マイルレースの楽しさも分かった。

次の目標は、国内のマイルレース制覇だ。

まずは9月の信越マイル。

そして来年はUTMB。これで堂々とエントリーできる。

また9月に向けて頑張ろうと思う。

これでONTAKEマイルのレポはお終い。次は反省点などを。

f:id:otokonodiet:20190718125042j:plain

では、では。