DEBUがサブ3と100マイルを目指す!

70キロの壁に跳ね返えされ、体脂肪率が20%切れないのは仕様です。次の目標は国内マイルレース制覇。

【レースレポ】菊花マラソン2018

ハーフって走り方よく分かんない。

前半から突っ込んでひたすら粘るのが正解なのか、ネガティブスプリットが正解なのか。

今回はシーズン初戦ということもあり、セーフティーファーストを心掛けた走りが目標。

まあ撃沈怖くて、無難に置きに行ったとも言える。


ラップはこんな感じ。11km超えた地点から、残り○km表示に変わったため一度手動に切り替えて調整しました。

心拍数上がりすぎないように気をつけて、淡々と走っただけなので詳細なレポは割愛。

代わりにレースの総評でも。

菊花マラソンの良いところ。

○公認コース。
公認レースでアールビーズの年齢別マラソンランキング対象大会。ここらへん気になる人にはオススメ。計測はグロスオンリーと硬派だけど。

○参加費安い。
2500円と破格の安さ。たぶん今まで自分が出た大会で1番安いと思う。(ただし参加賞は大したことないない)

○コース走りやすい。
大したアップダウンもなく、道路幅も充分あるのでストレスフリーで走れる。

○応援が温かい。
ローカル色強めな分、地元の人が一生懸命応援してくれている。やっぱ応援あるとタイム伸びるしキツイ時の支えになるので有難い。

○車で行けるのでラク。
名古屋から2時間かかるけど、渋滞もなくスムーズに近くの駐車場に車停めれた。(7時頃着)

〇種目が豊富。
他に3km、5km、10km、ファミリーの部と距離に幅があるので仲間内で参加しやすい。

大会の雰囲気はこんな感じ。

昭和の香り漂うゴールゲートも悪くない。

菊人形祭りもやってました。

敦賀に寄り道してご褒美ソースカツ丼。

午前中で走り終わって帰宅の途につけるのは、ハーフの良いとこ。

心肺キツイからしばらくハーフは遠慮したいけど、菊花マラソンは総合的に良い大会でしたよ。

現場からは以上です。