DEBUがサブ3と100マイルを目指す!

70キロの壁に跳ね返えされ、体脂肪率が20%切れないのは仕様です。

年内のレースがほぼ決定。

タイトルとは関係ないけど、、、。

テーマを変更するだけのつもりが、一度触りだしたら止まらなくなり大幅リニューアル。

時間なくて忙しい時ほど、余計なことをやってしまう。

悪い癖。

それでは本題。

2018年後半のレース(暫定)が決まりました。

・6/24 サロマ湖ウルトラ
・7/22 大雪山ウルトラトレイル
・8/26 かっとび伊吹
・9/23.24 上州武尊山スカビュー
・10/21 四万十ウルトラ(抽選待ち)
・11/11 いびがわマラソン(ファンラン)
・12/9 奈良マラソン(クリック合戦)

7月の大雪山ウルトラトレイル後2ヶ月空けるのも勿体なかったので、去年から気になってたかっとび伊吹にエントリー。

1合目から山頂までを一気に登る直登レース。富士登山競争に出れない鬱憤をここで晴らします。

四万十は抽選待ち。

外れたらハーフでも走ろうかな。

いびがわはエントリー合戦勝利!今年も30分で締め切りという激戦でした。

これは初めてフルを走る友達を引き連れての参加のため、人生二度目のコスプレでのファンランをするつもり。

コスプレ案募集中です!!

エントリーにあたって一番悩んだのが12月のフル。

最近大会を選ぶ基準が、タイムを意識しすぎた結果「フラット」、「走りやすい」を大前提に選んでいる。

マラソンはじめた頃は、エントリー前にコースを確認するという初歩的なこともせず勢いでエントリーしていたので、

初ハーフは「富士吉田火祭りロードレース」。

初フルは、「袋井クラウンメロンマラソン」。

まさにドM丸出しの華々しい戦績を残してきました。

出てみたいなーと思っていた大会でも、コースの口コミや高低図を見て断念。

グーグル先生に「〇〇マラソン コース 高低図」で聞いて、タイム狙いが厳しそうだったら断念。

そんな自分がちょっと嫌になった。

なんかつまんないなと。

タイムが狙いやすいという基準を一回外して、自分が走りたいと思った大会に積極的に出てみようと思いました。

自分が出たいと思った大会なら、風が強かろうとも坂がエグくても関係ない。

その大会がどんなコースでもいいんじゃないか。

もちろん走る以上PB更新は最低限の目標。

タイムは常に追い求めていきます。

ということで私ネムネムはコースに合わせて大会選ぶのはやめた。

その結果、12月のフルは奈良マラソン一択になりました。

f:id:otokonodiet:20180607155856j:plain

正直登りは自信あるので、風が強いよりは走りやすいんじゃないかと思ってます。

問題はクリック合戦を勝ち抜けるかどうか、、、。

それとゴールデンウィーク明けから仕事と生活のバランスが崩壊して、練習時間が確保できないこと。

5月の月間走行距離は130km。

6月は一週間経って15kmしか走れていないという情けない状態。

この先も月間150kmくらいが限界になりそうですが、世の市民ランナーはみんな限られた時間をやりくりして結果を残しています。

練習時間が確保できないことを言い訳にはしたくないので、なんとか効率の良い練習方法を模索していきたい。

しばらくは平日と週末各1回のポイント練習と、早朝のタバタ式インターバルに全力を注ぐ感じでやってみようかな。

今週末は飛騨高山ウルトラマラソン。

参加するはてブロランナー頑張れー!!