DEBUがサブ3と100マイルを目指す!

70キロの壁に跳ね返えされ、体脂肪率が20%切れないのは仕様です。次の目標は国内マイルレース制覇。

エントリープラン見直し。

今シーズンはトレイルもロードもレースにたくさん出て、楽しく走りながらメインレースに向けて脚を作っていく作戦でした。

しかし奥三河、阿蘇と立て続けにDNF。

どちらも完走はできるだろうと思っていただけに結構ショックでしたが、いろいろと見つめ直すきっかけにもなりました。

今シーズンは3月下旬の新城トレイルから始まり、すでに4レース消化していますが、ここまで納得できるような結果が出ていないので、しっかり振り返って立て直そうと思います。

〇3/24 新城トレイル 5時間42分で完走。
ぶっつけ本番で挑んだけど、思ったより悪くない結果でタイムも順位もボチボチ。
ここでソコソコ走れて、勘違いしたのがすべてもの始まり。

〇4/7  奥三河PT  47km地点でDNF。
新城から中1週でしたが、胃腸トラブルでやめ。

〇4/21 チャレ富士 13時間52分で完走。
さらに中1週で挑んだ118km。目標の12時間台を大幅に下回るタイムでゴール。
でも脚は最後までそれなりに動いた。

〇5/11 阿蘇ラウンドトレイル 50km地点でDNF。
中2週で挑んだ阿蘇は、序盤から身体動かず走っていても楽しくない。最後は熱中症になりDNF。

うーん。

1勝2敗1引き分けって感じかな。

原因は完全に練習不足だと思う。

トレイルの練習する時1人で長い距離走るのは辛いので、レースと練習を兼ねる作戦だったけどエントリーしたレースがレベル高くて、、、。

しっかり練習を積んでから挑まないとダメなやつで、去年の貯金ではどうにもなりませんでした。

去年9月の上州武尊以来まったく山に入っていない状態で新城突入、回復とレースに時間を取られ練習する時間が全然取れなず、そしてGWにグダグダとして体重激増。

当たり前だけど、練習不足でウルトラトレイルやマイル走り切れるほど甘くないし、生半可な気持ちでは挑んでいけないと痛感しましま。

思うような走りが出来ていないので、しばらくトレイルに集中しようと思います。

ダラダラと長くなったけど、ここから本題。

約2週間後に迫った飛騨高山ウルトラは、DNSもしくは丹生川エイドまで走ってのDNFのどっちかにします。

冷静に考えて、OTNAKEマイルの1ヶ月前に100kmのウルトラを走るのは、身体的にも練習プラン的にも自分の能力では無理。

どっちにするかは、もう少し悩んで身体の状態と相談します。

でも朝のシューズ円陣は参加する予定なので、はてブロランナーの皆さまよろしくお願いします。

ONTAKEマイルはもともと初挑戦で完走できるほど甘くないとは思っていますが、挑む以上は万全の状態で挑んで次回に繋げたいので必死に悪あがきします。

さらにもう一つ。

8月末の道マラも参戦予定でしたが、こちらも信越マイルとの日程を考慮してDNSします。

今の自分には真夏のフルマラソン走った2週間後に、信越マイル走れる自信がない。

青空宴会楽しみにしてたけどごめんなさい。

今年はいろいろと見込みが甘かった。

ここから9月までは、ONTAKEと信越に軸を絞っていきます。

その流れで6月は馬借トレイル(25km)と、信越と一部コースが被る黒姫ロッキンベア(42km)をエントリーしました。

馬借は雰囲気も良さそうだし距離もお手頃、黒姫は信越の試走にもなってONTAKEの3週前で調整にもちょうどいい。

そして10月はハセツネ、11月はFTRも参戦予定。

FTRは11月なのでマラソンシーズンにモロ影響でるけど、それは仕方ないかなと。

フルは今のとこ、加古川と北九州にエントリー予定。

去年は4月から9月はトレイル、10月から3月はロードとほぼ1:1の比率でやってきたけど、トレイルはまだまだ経験少ないし今はロードよりもトレイルやウルトラロングの方が楽しいので、今年はトレイルの比重を多くしていこうと思います。

ロードと比べてトレイルはほんと苦手だけど、困難なことに挑戦した方が楽しいので、マイラー目指して頑張っていこうと思います。

阿蘇後は練習もそれなりにこなしながら、体重も減ってきているので、それはまた次の記事で。

では、では。