DEBUがサブ3と100マイルを目指す!

70キロの壁に跳ね返えされ、体脂肪率が20%切れないのは仕様です。次の目標は国内マイルレース制覇。

【サポレポ】UTMF2019 -冒険のお手伝い②-

・4/26 23:50 

A2麓を選手出発。

出発前に選手と話して、次のサポートエイドであるA4精進湖の到着目標を決めておく。目標は5時30分。

自分の中では目標時間より遅くても、関門の2時間前に来てくれれば全然いい。

でもロングレースほど目先の目標があった方がモチベーションになると思うし、何が起きるか分からないロングレース。

選手が言った目標をわざわざ下方修正する意味はないので、高めの設定で送り出しました。

 

・4/27 1:30

選手を送り出した安心感で気持ちも楽になったのか、一気にお腹空いてきた。

せっかくなので、選手が次のエイドで食べる予定のカレーメシを食べようと思ったけど、入ったコンビニに売ってないので断念。

ハシゴする元気はないし、選手のカレーメシに手をつける訳にはいかないのでリゾットで妥協。

朝4時に起きてるので、稼働時間はかれこれ22時間。選手の方が大変とはいえ、さすがに疲れたので2時頃に仮眠。

 

・4/27  3:30

絶対に寝坊できないプレッシャーの中、スマホ2台+ガーミンのアラームを駆使して無事起床。

熟睡は出来なくても、1時間半布団で寝たらかなり楽になった。

起きて最初にやることは、Live infoで選手の状況を確認。

まだA3本栖湖には着いていない。

事前の想定タイムは3時間。そろそろ着いても良い頃なので少し心配になる。

チップ不具合の可能性もあるので、とりあえず5時30分着を前提に宿を出発。

移動している途中でメールが入り、A3本栖湖着の連絡。

怪我とかなく早々にエイドも出発したので安心。

 

・4/27 4:00

A4の精進湖はチャレ富士のコースと被ってるので、なんとなく懐かしい。

雨が強くてロードを走る選手はかなり辛そう。

 

・4/27 4:30 

A4精進湖着。

まずはエイドの雰囲気と設営場所を物色したり、トイレの場所などを把握するためウロウロと徘徊。

ここは入ってくる選手に声が掛けやすいので、しばらく選手の応援をして過ごす。

渋滞と雨とスリッピーな路面の中一晩乗り越えてきた選手は、疲れも滲み出ているけどみんなカッコいい。

 

気づいたら雨も小康状態に。このまま雨が上がってほしい。

 

・4/27 6:00

雨もすっかり上がり、日も昇っていい感じ。

ここのグランドの水はけかなり良い。

7時くらいの到着を想定していたので、30分だけど仮眠することに。

 

・4/27 6:30

全然寝れる感じなかったので、諦めて設営開始。

設営始めたところで選手からメールきて、あと1.5kmから2kmくらいでエイドに着くとのこと。

ヤバイ!思ったより速い!!

大慌てで設営して、合流ポイントへ向かうと丁度到着したところ。(たぶん、、、。)

間に合って良かった。

選手にはエイドに到着してサポーターを探させることだけはやりたくなかったので、なんとか間に合って良かった。

ここでは健児さんが仮眠取るってことだったので、毛布被せて睡眠モード。

はるかさんはまったく眠くない様子。ダメージも無し。めちゃめちゃ元気。

えーと、80km走ってきてるんだよね???

カレーメシもしっかり食べてるし。

ちなみに健児さんも、なんだかんだ20分休んだだけで復活。

予定通りカップラーメンを平らげました。

同じ時間に入ってき他のランナーと比べても、際立って元気。

ここで予定を前倒して、シューズ履き替えとウェアチェンジ。

そして一晩超えて来た疲労からなのか、日頃のはるか様の教育の賜物なのか分からないが、脱いだウェアをキレイに畳む健児さん。

いいから!脱ぎ捨てで!!

そこら辺に置いといてくれ。

脱いだシューズも、丁寧に袋に入れようとする健児さん。

それも俺やるから!それ俺の仕事だから!!

早く出ないと1時間経っちゃうからと、2人で急かしてA4出発。

次のサポートエイドは17km。ここの区間はサポートエリアが続くので、自分も急いで片付けて撤収。

続きます。