読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

168cm・90kgから始めるマラソン&ダイエットブログ

マラソン&ダイエットブログです。体重は60kg、マラソンはサブ3を目指してます。

白馬国際トレイルラン2016 レースレポ②

Race Trail 白馬国際(2016)

f:id:otokonodiet:20160914085111j:plain

2つ目の山、岩岳の頂上を目指します。

f:id:otokonodiet:20160914090841j:plain

こんな感じの走れる林道に入ると、もっと続けもっと続けと祈りながら走りますが、すぐに終わってしまい再び上り。

しかも階段。350段くらいの階段だったような。

f:id:otokonodiet:20160914090959j:plain

そしてゲレンデコースへ。

f:id:otokonodiet:20160914091527j:plain

ゲレンデって滑るもので、歩いて上るものではないはず。

f:id:otokonodiet:20160914091555j:plain

そろそろ頂上かと思って曲がると、まだまだ続く上り坂登場。

f:id:otokonodiet:20160914091713j:plain

この景色を眺めてる時にはすでに脚パンパン。それでもなんとか第3エイドに到着。

残り30km以上あると思うと、この脚で走り切れるか不安で上ってる途中はリタイアも考えましたが、たくさんの応援の人に元気をもらったのでとりあえず次のエイドまで頑張ることに。

ここからは「とりあえず次のエイドまで作戦」。ゴールのことはは考えず、次のエイドまで行けるかどうかだけを考えることにしました。それとDNFしたTOGA天空トレイルの悔しさを思い出し、なんとか気持ちを奮い立たせます。

f:id:otokonodiet:20160914092832j:plain

ここのエイドは蕎麦とうどん。もちろん両方食べました。

f:id:otokonodiet:20160914093420j:plain

限定300個のホウズキ。これめちゃくちゃ美味しい。限定って言われてなければ10個くらい食べてたな。

ホウズキと蕎麦パワーで気合を入れてスタートしましたが、岩岳の下りは思った以上に急でかなりキツイ。

後ろから凄いスピードで下ってくるランナーの気配を感じたので横に避けたら、なんとミドルを走る鏑木さん。

「頑張ってー、エイドまであと少しだよー」と声を掛けられ颯爽と消えていきました。

カッコイイ。まさにレジェンド。

上りより下りの方が脚にくるダメージは大きいし、転倒など怪我のリスクもあるので下りの方が自分は苦手。

f:id:otokonodiet:20160914095043j:plain

これ橋なの!?アドベンチャー満載。

橋超えてしばらくすると第一関門のおかるの穴エイド。
おかるのって何?って思いながらもここはレッドブル配ってなのでエナジーチャージ。

事前の説明会ではレッドブルガールも出勤する予定でしたが、出勤時間より早く到着したため拝めず。

なんとか下りを終えるも脚はかなり限界。ここでもリタイアしようかと思ったけど、次のエイドまでの距離を聞いたら7kmくらいだったのでなんとか行けるかなとスタート。

この辺りから疲れ限界で写真撮る余裕もほとんどなし。

軽い上り下りを繰り返しつつ、第5、第6エイドもクリア。

途中ゲストランナーでUTMF創設メンバーの三好礼子さんと軽く話しながら走れました。
エイドではコーラをラッパ飲みする三好さん。やたらカッコよく見えました。

そして距離的にも、坂の傾斜的にも、精神的にも一番キツかった3つ目の山へ。

結構な傾斜で脚もボロボロ。

息も上がってこれはキツイなと思っていると渋滞発生。

f:id:otokonodiet:20160914101139j:plain

どうやらスズメバチが大量にいて先に進めず、スズメバチ撃退スプレーを持ってきてくれるスタッフ待ちの様子。

5分くらい待っていると、先の方にいる三好礼子さんが道なき道を切り開き抜け道を開拓。

すげぇなと思いつつも、自分も待ってても勿体無いので後に続きます。

当然整備されていないので草木を避けつつ、斜面にヨコヨコに進んで登ってでなんとか正規のルートへ帰還。

f:id:otokonodiet:20160914102752j:plain

上り切ると第7エイド兼第3関門。到着したのは13時40分頃。残り10km(しかも下りとフラットばかり)で3時間も余裕があるのでここでゴールを確信。

脚は使いきってボロボロ、精神的にもかなりキツイ状態だったけど、ゴールが見えると後はなんとでもなる。

ミニクリームパンとミニアンパンを補給してゴールを目指します。

f:id:otokonodiet:20160914102714j:plain

最期の第8エイド直前の吊り橋。

吊り橋の先でたくさんの人が手を振って応援してくれてます。ここがゴールって言われても気づかないくらい賑やかで元気をもらいました。

ここからは軽く上るくらいでほぼフラット。ロードも多くて走りやすかったけど、写真撮る余裕はなくて写真ゼロ。

ラスト1kmくらいから白馬のペンション街の中を走るけど、地元の人、応援の人、走り終えた人などビックリするくらいたくさんの人が出迎えてくれてハイタッチしてくれます。

本当に気持ちが良くて、まさにビクトリーラン!!

ゴールでは名前も呼んでくれて無事ゴール。

f:id:otokonodiet:20160911170158j:plain

トレランの大会とは思えないほどエイドも多く、応援してくれる人もたくさん。

前夜祭、後夜祭(自分は参加してないけど)もあったり、距離のバリエーションも多くイベントも充実しているので、初心者から上級者まで幅広い人が楽しめる大会だと思います。

今回で6回目と運営も非常に慣れているし、白馬村全体にトレラン文化が根付いている感じでした。

来年も出たいなー。

でもSTYならポイント満たしたと思うから、そっちも出たいしな~。ポイントクリアしてたら思い切ってCCCかOCCにチャレンジしてみるのも悪くないかも。

走っている時はもうトレランはキツイし出るの辞めようと思ってても、ゴールすると次どうしようか考えてしまいます。

とりあえず激しい筋肉痛を早く治して、大阪マラソンに向けて練習再開したいと思います。

夏場マラソンの大会があまり無くて困っている人、1度トレランの大会に出てみるのも良いかもしれないですよ!!