DEBUがサブ3と100マイルを目指す!

70キロの壁に跳ね返えされ、体脂肪率が20%切れないのは仕様です。次の目標は国内マイルレース制覇。

【レースレポ】信越五岳マイル③

A3アパ(55km)-A4妙高自然の家(72km)

50kmまではウォーミングアップ。

マイルレースはここからが本番。

しかしアパを出発してしばらくすると、猛烈な睡魔が襲ってくる。

20時間以上起きてるんだ。いくら走っているとはいえ当然眠くなる。

ただこの睡魔は、太陽さえ出てくれば治る睡魔。(と自分に言い聞かせる。)

ダテに夜スタートのONTAKEを3回も走ってないぜ。

と考えつつも、眠いものは眠い。

普段は眠いなーと思うだけなんだけど、レース数日前にふと目にしたパトラッシュのせいで、やたらと頭の中でパトラッシュが出てくる。

一緒に寝ようと誘ってくるパトラッシュを振り払う。

それでも5分もすれば、再びパトラッシュ登場。

パトラッシュに寄り添ってもらって寝たらどれだけ気持ち良いか。

ゆっくり過ぎると眠気に負けそうなので、心拍数上がりすぎない程度にペースアップ。

なんとかパトラッシュに連れていかれることなく、妙高自然の家に到着。

予定6時25分。到着6時25分。オンタイムだ!

これはJRネムネム襲名か!?

ここの巨峰がめちゃ旨。

携帯カップに山盛り入れて、しばしぶどう休憩。

到着した時にはすっかり夜が明けていた。

エイドを出る時、たくさんのちびっ子が駆け寄ってくれてハイタッチ。

こういうのモチベーション上がるよねー。

A4妙高自然の家(72km)-A5池の平(88km)

太陽が出てきたことで、夜からさらに気温が上がる。

気持ちの良いトレイルもあったけど、途中からは陽射しを遮るものがないゲレンデコース。

見よ!雨が多い9月とは思えない青空。

ゲレンデの上りキツいはキツいんだけど、武尊経験者からすればこれくらいは大したことない。

ただ下りは練習不足の影響がモロに出る。

モモマエロマエがすでに限界点付近。

これは後半地獄だな。

さらにここまで暑いと、熱中症と脱水症状の懸念が出てくる。

塩の結晶を定期的に舐めたり、水場を見つけては頻繁に首元を冷やしたりして対策する。

眺望は最高だった。ただ高いところからの景色はここだけだったような気がする。

暑さと闘いながらなんとか池の平着。

予定より4分早いが、誤差と言っていい。半分まで来て予定通りのペースで来れていることに満足。

かんずりラーメン。温かいラーメンだったので、ちょっと迷ったけどとりあえず食べる。

これは暑い中でも食べる価値あり。美味しかった。

本当はダメだと思いつつ、自販機で乳酸菌の炭酸飲料買ってほぼ一気飲み。

めちゃ美味かった。

A5池の平(88km)-A6黒姫(102km)

エイドを出てアップダウンこなすと、直射日光を浴びながら関川沿いをひた走る。

軽い上り基調かな?普通に走れるのでガンガン走って追い抜いていく。

自分をペーサーに喰らい付いてくる選手が数人いた。

いいぞ、いいぞ。ついて来い。その方が走ってる方も走りやすい。

ただとても眠い。

Lisa様はここでEDM流したり、自作の曲を作ったりしてたけど、自分はひたすらパトラッシュと闘う。

単調なコースはどうしても眠くなる。

しかも今回はあのオープニングソング付き。

ラララ〜、ラララ〜、ジングル、ジングル、チャーチャー。(歌詞は適当)

ここの部分だけひたすら繰り返す。

ここ数年アニメ見たわけじゃないし、音楽も聴いたわけじゃないのに、、、。

たぶん極限状態で潜在的な記憶が呼び起こされたみたいな感じ!?

自分をセルフペーサーに喰らい付いてる選手は、まさかフランダースをリピートしながら走ってるとは思うまい。

Hahaha!!

という謎のテンションで走ってると、宴会エイドの看板が。

自分の大好きな梨とパイナップルが!!

しかもパイナップルは半分凍ってるという、素晴らしい心遣い。

遠慮なくいただきました。

本当にありがたい。

宴会エイドで復活したので、100kmの看板を撮る余裕も。

関川沿いも陽射しガンガンだったけど、明け方のゲレンデゾーンよりはキツくない。

気温も思ったよりは上がらなかった印象だけど、他に走った方々どうだろう?

パトラッシュと闘いながら、2つ目のドロップバックが受け取れる黒姫到着。

予定より15分早い。でも速すぎることもないし、ペースも無理してないので悪くない。

100km超えて当然筋疲労もあるし、メンタル的に疲れもあるけど、まだまだ進める。

この感触なら大きなトラブルさえなければ、ゴールまで行けそう。

りんご美味い。

ここで一度荷物を整理。たまごパンとドライフルーツは不要と判断し、ドロップバックに戻す。

補給食はグミと黒糖わらび餅、あとはエイドの食べ物だけで行くことに。

結果的にこの判断は間違ってなかった。

ジェルも眠気対策でカフェイン入りだけを持って行く。

Vitaは自分にとってご馳走。多少温くなっていたけど、それでもVitaは美味しい。当然シロップも飲み干す。

眠くて仕方ないが、昼間に寝る訳にもいかないし100km超えたと言ってもゴールはまだまだ先。

まだ寝るタイミングじゃないと気合いを入れて先に進む。

A6黒姫(102km)-A7笹ヶ峰(115km)

走れそうな上りは迷わず走る。

と言ってもとにかく眠い。

しかもここからペーサーが付くので、(自分には付かないが、、、)みんな楽しそう。

いいなー。

途中からロッキンベア黒姫で走ったコースに。

ここの下りシングルトラックで狭いし、滑るしで、モモマエロマエが終わった自分にはとてもキツい。

特に石や木の根が濡れてるうえに苔生しててツルツル。

しかも110kmの選手がガンガン来る。メンタルも体力も辛い。

なんとか下ると、去年大渋滞が発生したという吊り橋に。

すんなり渡れましたが、疲れが出てきて写真撮ってなかった。

上りで歩きメインになると、すかさずパトラッシュが眠りを誘いに来る。

走り始めて20時間オーバー。朝起きてからだと30時間くらい経つから当然だ。

パトラッシュ、僕もう限界だよ。

あの名言が頭の中で繰り返す。

身体を動かす余力はあるのに、眠くて思うように動かない。

眠くてフラフラの状態で、カレーが出るという笹ヶ峰エイドに到着。

予定より15分遅れ。

相変わらず胃腸だけは元気なので、カレーはしっかりいただく。

ここまで115km。距離だけ見れば3分の1終わってるし、残り45kmと書けば余裕だと思うかもしれないが、ラスト50kmとここまでの110kmは同じくらいキツい。

ここからが本当の頑張りどころ。

気合を入れてエイドを出る。

続きます。

では、では。