DEBUがサブ3と100マイルを目指す!

70キロの壁に跳ね返えされ、体脂肪率が20%切れないのは仕様です。次の目標は国内マイルレース制覇。

【まとめ】いつの間にやらフル10回完走。

マラソン4年生も終わり、区切りの5年目へ突入。

走り始めた時はこんなに長いこと走ると思ってなかったなー。

今回の熊本で記念すべき10戦目を終えたので、これまでの戦績を簡単に振り返ろうと思う。

初フル 2015.12 袋井クラウンメロンマラソン 3:51'37

はじめて参戦したハーフマラソン、富士吉田マラソン火祭りロードレースの完走で味を占めたので、次はフルだとエントリーした大会が袋井クラウンメロンマラソン

走り始めたばかりで、大会によってコースがキツイとかあるなんて考えもしなくて、ただ勢いだけでエントリーしました。

このコースはキツかった。今でもトラウマ。

でも初フルでサブ4を達成でき、マラソンにハマるきっかけとなった思い出深い大会。

サブ4達成に気を良くし、ウルトラマラソンへのエントリーを決意。

2回目  2016.3 静岡 3:22'03

二戦目は静岡マラソン。カリスママラソンブロガーくろいわさんのレポを読んで、参戦を決意した大会。

何年か連続で雨が降っていた大会でしたが、自分が参戦した時は少し降られたくらいでコンディションは良かった。

2戦目でサブ3.5を達成しさらにマラソンにハマる。

この辺りで知恵がついてきて、大きな大会は半年くらい前から抽選にエントリーをする必要があるので、マラソンは計画性が大事だと知る。

3回目 2016.10 大阪 3:30'38/4回目 2016.11 神戸 3:58'20

大阪神戸どっちか当たればラッキーと思っていたら、両方当たるミラクルが発生したため両方参戦。

調子乗ってフルマラソンを舐めていたため、痛い目に合う。 

5回目 2017.3 東京 3:13'16

大阪、神戸に続き東京も当選。しかも東京は新コース一発目という強運。

タイムが狙いやすいコース設定、大会の雰囲気に助けられ大幅にPBを更新。

終盤失速することもなく、歴代で一番納得いく走りができた大会です。

6回目 2018.2 別府大分毎日マラソン 3:13'07

ほぼ1年振りとなるフルは憧れの別大。 

1桁狙って参戦するも、終盤に失速し届かず。雪が舞い終盤は風に苦しめられましたが、サブ3.5のランナーしか参加できないので走りやすく、整列も遅め、トイレも混まない、待機する場所もありとタイム狙いには最高の大会。

本気でタイム狙いにいくなら、とても良い大会だと思う。

7回目 2018.3 静岡マラソン 3:42'24

別大から中1ヶ月で挑んだ静岡。同じフルマラソンの大会を走ったのもこれが唯一。

再び1桁を狙って挑むも結果は玉砕。 

サブ3.5すらも切れない情けない結果となってしまう。 

8回目 2018.11 いびがわマラソン 4:21'31

コスプレランで挑んだいびがわ。これはこれで楽しかった。

でもタイムに納得が行くまでは、しばらくフルでのコスプレは控えようと思う。

9回目 2018.12 奈良マラソン 3:23'32

三度1桁に挑んだ奈良

ここでの撃沈は記憶に新しいですが、思い出しても苦々しい記憶が蘇る。

10回目 2019.2 熊本城マラソン 3:12'02

4度目の挑戦となる熊本でも1桁ならず。

これで3年連続で10分台止まり。

客観的に考えなくても分かる。

いろいろ変えないとダメ。

まずは体重と練習内容。ここは必須。

やっぱ重いのはキツい。特に後半脚に来ると思う。

みんな考えてみて。

10kgの重り背負ってフル走るのを。

絶対キツいでしょ!

来シーズンこそは60kg前半でフルに挑みたい。

月に1キロずつ減らしていけば、達成できるのでいい加減本気で痩せようと思う。(4年連続4回目)

練習はここ数年、4分30秒でフル走ることに視点を置き過ぎてたと思う。

徐々にステップアップしていけばいいと思っていたけど、新シーズンはサブ3を見据えた練習にしようと思っとります。

自分が一番嫌いなゼーハーする練習も積極的に取り入れていこう。

あとシューズをアレに変えようかなと思っている。

東京マラソンでもトップ集団みんな履いてたじゃん。

なりふり構わず金でタイムを買う。やれることはなんでもやってみる。

そしてフルのレースも増やそうと思ってる。

最近フルはシーズン2レースに絞っていたけど、18-19シーズンは3or4つは出ようと計画中。

今シーズンは脱マンネリ・チェンジをテーマにラン活を楽しもうと思う。

では、では。

f:id:otokonodiet:20190306172543j:image

今シーズン入手困難であまり食べれなかった、大好きなハッピーヒッポ。

※写真と本文は関係ありません。