読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

168cm・90kgから始めるマラソン&ダイエットブログ

マラソン&ダイエットブログです。体重は60kg、マラソンはサブ3を目指してます。

おんたけウルトラトレイル100k レースレポ①

Race Trail おんたけUウルトラ(2016)

初めての深夜スタート。ライトを装備してのナイトラン。そしてOSJクオリティなどなど・・・。
走る前からいろいろ不安はありましたが、なんとか無事ゴールすることができました。完走おめでとうコメントいただきありがとうございます!

当日会場に到着したのは15時半頃。

f:id:otokonodiet:20160719152238j:plain

受付会場はこんな感じ。他の大会とは違うピリッとした緊張感が会場に漂っていて身が引き締まります。
浮ついた感じが全然なくて、独特の雰囲気を感じてヤバイ大会に出ちゃったかもとちょっとビビリます(笑)。

f:id:otokonodiet:20160719152327j:plain

受付も終わって車に戻って来たのが16時頃。
ここからどれだけ寝られるかが大切だと思い気合を入れて寝ようとしましたが、逆に興奮しすぎて全く寝られず。仕方ないのでゴロゴロしたり、プロ野球オールスターゲームを観たりしてダラダラ過ごしました。

20時には100kmに先駆けて100マイルを走る猛者を見送ります。
写真はスタート前の神主さんによるお祓いの様子。

f:id:otokonodiet:20160719152956j:plain

ホントにただただ尊敬。自分からしたら100マイルなんて考えられない。

その後は車に戻って着替えたり、テーピング巻いたり、ドロップバッグの準備をしているとあっという間にスタート時間になりました。

f:id:otokonodiet:20160719154118j:plain

スタート前のコースガイド。
今年は天然エイドが枯れ気味で少ないので補給に気をつけるように。特に43km地点の小エイドを出てから、63km地点の第2関門までの20kmは天然エイドも無いし特に気をつけるようにとのこと。

f:id:otokonodiet:20160719155518j:plain

二礼二拍手一礼でお祓いをして、御嶽山にも頭を垂れていざスタート。
夜の0時から1000人のランナーが、山に向かって熊鈴を鳴らしながら走っていく姿は異様(笑)。

ロードを軽く走った後は早速の激坂。自分の走力では走るの絶対ムリなので、ポールを使いまくって少しでも身体への負担を軽くできるように意識して上ります。

f:id:otokonodiet:20160719161954j:plain

写真ブレブレ(笑)。ライトはブラックダイヤモンドのスポット。
200ルーメンあり、スタートして暫くは他のランナーとも固まって走るので明るさは充分。

f:id:otokonodiet:20160719162737j:plain

この写真撮ったのが3時半頃。まだまだ周りは真っ暗ですが、暗闇の山の中を3時間以上も走るという特殊な環境に笑えてきます。

この辺りでナイスガイのお兄さんが話しかけてくれて、これから先ゴールまで抜きつ抜かれつつ、たまに話しながら走りました。他のランナーの方と話しながら走れるのがトレランのいいところかなっと思います。

この方はおんたけ2回目の参加らしく、コースの特徴とか教えてくれてありがたかったし心強かった。

f:id:otokonodiet:20160719163533j:plain

薄っすら明るくなってきた4時半頃、初の天然エイドを発見。

f:id:otokonodiet:20160719164217j:plain

前半の天気は終始曇り空で、熱くもなく寒くもなく最高のコンディションでかなり走りやすかったです。中盤は強めの雨が降ったりはしましたが、直射日光ガンガン照りつける猛暑日と比べると全然マシだし、正直このコンディションでゴールしないと勿体無いと思えるくらい走りやすかった。

f:id:otokonodiet:20160719165943j:plain

暗闇の中を走るという非日常感にテンション上がってて、眠気を感じることもなく第1関門(32km地点)に到着。気力体力共にまだまだ余裕。着いたのは4時50分頃だったかな。
ただトイレが2つしかなくて、ここで20分もロスしたのが痛かったな~。

ここのエイドではおにぎりとバナナを補給。

とりあえず次回に続きます。