読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

168cm・90kgから始めるマラソン&ダイエットブログ

マラソン&ダイエットブログです。体重は60kg、マラソンはサブ3を目指してます。

チャレンジ富士五湖 レースレポ③

Race Ultra チャレンジ富士五湖(2016)

50kmー70km

f:id:otokonodiet:20160426134752j:plain

第3関門の足和田出張所。到着時刻は10時37分、キロ6分14秒とまずまずのペースです。
ここでは出発前に預けていた荷物を受け取れるので、頑張ったご褒美にコーラを注入。今まで飲んだコーラの中で一番美味しかったです。シュワシュワ感が疲れを癒やしてくれます。これがビールだったらもっと美味しいんだろうなーとか考える余裕もまだある!

バッグの受け渡しもスムーズで、スタッフさんの慣れた対応に感謝。

着替えも一式入れていたけど着替えの時間勿体無く感じたのと、思ったより汗掻いていなかったのでカーボショッツとグミを補充して、とにかく休んでいはいけないと思い早々に出発。

f:id:otokonodiet:20160426094636j:plain

第3関門越えるとすぐ西湖に突入ですが写真は撮り忘れ。写真は63km地点のエイド。このうどん味は・・・でしたが、とにかく食べておかないとと思い必死に食べました。

f:id:otokonodiet:20160426094639j:plain

かなり分かりづらいと思いますが、写真真ん中辺りにある道路がコース。長ーい下り坂でしたがここは折り返してくるので、帰りは長い上りが待ち受けています。

下りきったエイドで食べた文明堂のカステラが美味しかった。身体が甘い物を欲しているのか、カステラ3個食べてやりました(笑)。

カステラエイドで距離は67km。ちょうど3分の2、残り3分の1。もうここまで来たら意地でもゴールするしかないと腹を括ります。

ただそう思ってからが長かった。

70kmーGOAL

4キロくらい続いた長い下り坂のおかげか、この辺りから膝の痛みが激しくなって走るのがキツイ。なんとか5分くらい歩くと痛みも治まってきてまた走れるようになるので、5分休んで走る、また5分休んで走るの繰り返し。
心が折れるといけないので立ち止まったり座ったりしないようにだけ気をつけて、とにかく前に進むことだけ考えました。

f:id:otokonodiet:20160426094645j:plain

写真は4つ目の精進湖。精進湖周りは基本フラットだったので本当は全部走りたかったけど、ペースはキロ8分30秒~9分ペースまでダウン。
走ってるのか歩いてるのか分からないペース微妙なペースで第6関門に到着。ここまで来れば残りは約20km。でも気持ち的にはまだ20kmもあるのかよ!!って感じです。

振り返ってみると70-80km区間がメンタル的には一番キツかったです。頭の中でリタイアが過ったのもこの辺り。名物の信玄餅も食べる気力がなく早々にスタートしました。

第6関門を過ぎて暫くした辺りだったと思いますが、UTMF副実行委員長の福田六花さんが普通に沿道で応援してました。
前のランナーの人が一緒に写真撮ってるの見て気づいたんですが、疲れで頭が回らない自分は「UTMFのDVD観ました!」と謎の言葉を発してしまった。
福田さんは優しく「ありがとう、頑張れ!」と言って下さったけど、もっと気の利いたこと言いたかったな。そして写真一緒に撮ればよかった。

でも福田六花さんのおかげで出発前に3回リピートした、UTMFのゴールシーンを思い出して気力復活!!80~90km区間は7分30秒ペースまでなんとか回復しました。

f:id:otokonodiet:20160426094647j:plain

勢いそのままに89.5km地点のエイドへ。ここではキューピーがお出迎えしてくれました。

f:id:otokonodiet:20160426094649j:plain

給食はキューピーのおかゆ(梅味)。
陽も落ちて気温が下がり冷たい風が吹き出していたので、ここのおかゆは有り難かった。こんな美味しく感じたおかゆは初めて。
キューピー宣伝上手いなーとかヤラシイことを考えながら、図々しく3杯食べちゃいました。

この時点で残り約10km。仮に全部歩いて2時間半かかったとしても制限時間にはまだまだ余裕があったので、ここでゴールを確信。

あとは痛めた膝を悪化させないように、脚が痙攣しないように慎重にほぼほぼ歩いてゴールを目指しました。

f:id:otokonodiet:20160426094655j:plain

90~95km区間はキロ10分43秒とボロボロ。上り坂がひたすら続くし、もう走りたくても走れるだけの脚が残っていません。

f:id:otokonodiet:20160426094658j:plain

それでもなんとか最期の関門に到着して、しばらくすると初めて距離の看板が残り表示に変わりました!ゴールが近づいてきたと実感しながら、ゆっくり坂道を上ります。
走らないから体温上がらないし、どんどん気温下がって来るからキツイなと思っていると、この区間は私設エイドの方々が温かいお茶やミルクティーを作って待っていてくれます。

本当に助かったし救われました。待ってるのも寒いはずなのにありがとうございます!

f:id:otokonodiet:20160426094703j:plain

ラスト2kmを過ぎてしばらくしたら残りは下り。下りなら走れるかもと思って走ってみましたがやっぱりダメなので歩きながら北麓公園へ。もう最期は歩くのも必死だったのでラスト1kmの看板は撮ることもできず(笑)。

北麓公園では本当にたくさんの人が声をかけてくれたり、ZARDの「負けないで」を歌ってくれている人がいたりと温かい雰囲気に感動。
脚を引きずりながら歩く自分に「脚痛いのによく頑張ったね」って声掛けてくれるおばちゃんいたり、「握手して下さい」と見ず知らずの一般人の自分に握手求めてくれる人がいたりと本当に嬉しかったです。

最期だけは走ってゴールしたいと思い、競技場の中に入ってからヨタヨタとスロージョグ。走ってるのか歩いてるのか分からないスピードですがなんとかゴール!

f:id:otokonodiet:20160426173101j:plain

タイムは12時間34分と平均よりちょっと遅いくらいでしたが、完走できただけで大満足。

ゴールの時の無事帰って来れた安心感、ゴールの達成感、辛かった100kmの道のり、親切で優しいエイドのスタッフ、沿道で応援してくれた人など色んなことを思い出して、上手く言えないけど色々な感情が混ざった心地よい独特な感覚が味わいたいから走ってるのかなと。これは今のとこマラソンでゴールした時しか味わったことない感覚。

今まではマラソンの何が楽しいかイマイチ良く分かってなかったけど、今回ウルトラを走り切ったことでなんとなく分かったような気がします。

次回で最期です。