読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

168cm・90kgから始めるマラソン&ダイエットブログ

マラソン&ダイエットブログです。体重は60kg、マラソンはサブ3を目指してます。

袋井クラウンメロンマラソン レポートその②

その①はこちらから。

otokonodiet.hatenablog.com

【15km~20km 26:12(5:14)】

予定より速いペースで進んでいますが、それでも体力・気力ともにまだまだ充実していて、「もしかしたらこのままのペースで行けるんじゃね」、「サブ4どころかサブ3.75も狙えるかも」とか甘いことを考えながら走っていました。

この区間はアップダウンも落ち着き走りやすかったような気がします。

15km付近の給水ポイントでポケットに忍ばせておいたエナジージェルを補給。

アリスト メダリスト エナジージェル 45g×12袋

アリスト メダリスト エナジージェル 45g×12袋

 

 初めて食べましたが開けやすい、食べやすいで良かったです。

次回も持って行こうと思います。

 

【20km~25km 26:40(5:20)】

20kmを通過してもまだまだ体力・気力に余裕があり、ハーフの距離をこれだけ余裕もって走れるなんて自分も成長したな~とか考えて走っていました。

冷静に考えるとここでサブ3.75狙いの判断は自分の走力を過信してる大バカ者としか言えませんが、思い切って目標を切り上げ5:15/km以内を維持してサブ3.75を狙うことに。

ふと周りのランナーを見ると、別格に力強い足取りで「仰峰」の文字を背負った40代くらいのランナーを発見。

沿道の応援にも常に「ありがとう!」と声を掛ける余裕の走りで、ペースもキロ5:15とちょうど良かったので「仰峰」の方を専属ペーサーに任命(笑)。

終始声援に応えながらの力強い走りはすごいの一言。自分もいつかあんな走りが出来るようになりたいな~とか考えながら付いていきました。

 

【25km~30km 26:23(5:16/km)】

素晴らしいペーサーを見つけたお陰で、アップダウンがありつつも安定したペースで走れました。

ただこの辺りから徐々に疲労を感じ始め、脚もだんだん重たい感じができます。

それでもサブ3.75を目指して、「仰峰」ペーサーに喰らいついて必死に走ります。

たぶんこの区間だったと思うけど、長い坂を上りきったところでブラスバンド部の中学生が演奏してくれていました。寒い中素敵な演奏をありがとう。だいぶ力もらいました。

 

【30km~35km 27:16(5:27/km)】

あと12km、あと1時間と考え始めてからが、とにかく長く辛い道のりでした。。

コース自体はアップダウンもほとんどなく、一番走りやすい区間でしたが序盤から続くアップダウンとハイペースで消耗した脚には本当にキツかった。

任命した「仰峰」ペーサーにも離されて、この区間は5:29、5::17、5:26、5:35、5:29と徐々にペースが落ち始めます。ただここでガクッと落ちてしまうともう持ち直せないし、まだネットならサブ3.75を狙えるペースだったのでなんとか必死に走ります。

33km地点だったかな。ロッキーのテーマ曲を流してコーラを配ってる私設エイドの方もいらっしゃいました。

 

【35km~LAST】

ここまでなんとか踏ん張りあと7kmと思いながら走ってきましたが、35kmの壁に思いっきり跳ね返されたうえに踏みつけられました。

36kmからキロ辺り6:02、5:41、6:11、5:42、5:53、6:23、6:14と見るも無残なペースダウン。

特にポーラ工場前のなが~い直線を見て心がポキっと折られ、スタジアムに向かう坂を上る頃には体力も気力も残っていませんでした。

更に坂を上りきったと思ったらスタジアムの外周をぐるっと走らされ、ようやくスタジアムの中に入れたと思ったらトラックもほぼ一周走らせる鬼畜コース。

ゴール前にここまで追い込むのかというコース設定のおかげで、身体も心もボロボロになりながらなんとかゴール。

グロスで3時間54分、ネットで3時間51分となんとかサブ4を達成できました。

 

コースはアップダウンが何度も続くキツイコースでしたが、普通の住宅街を走ったり、茶畑の中を走ったり面白いコースだと思いました。

また家の庭から応援してくれる人、私設エイドをやってくれる人、横断幕まで作ってくれている人、老人ホームのおじいさん、おばあさんに小さい子供など色んな人が応援してくれて嬉しかったです。

自分はエイドでの補給は最後にレモンを食べたくらいでしたが、人も食べ物も充実していたと思います。

大会運営の方、ボランティアスタッフの方、応援してくださった方本当にありがとうございました。

皆さんのおかげで楽しく走ることができました。

 

終わった後は銭湯で汗を流して、ご褒美の「さわやか」へ。

大会スポンサーの和の湯に行って、袋井市内の「さわやか」に行くつもりでしたが帰りの渋滞や混雑を考慮して早々に袋井を離れることにしました。

浜松ICで降りて銭湯でゆっくり過ごし、「さわやか」に到着したのは17時頃。

日曜日とは言っても時間も早いし、そんな混んでないだろうと思いましたが甘かった・・・。

さわやか人気を舐めてました。車を停めるのも一苦労の予想外の混み具合。

一瞬諦めようかとも思いましたが、ここまで来て引き下がれるかと気合を入れて待つことに。

待ち時間にバッチリ予習したので、注文は迷いません。

おすすめは男性は250gのげんこつハンバーグ、女性は200gのおにぎりハンバーグ。ソースはオニオンで、パンorライスはライスで、焼き具合を聞かれたらハイと答える。

淀みなく注文する姿はきっと静岡県民に見えるはず。

 最初に乾杯ドリンクが到着。

f:id:otokonodiet:20151215123146j:plain

そしてスープ。

f:id:otokonodiet:20151215123243j:plain

メインの牛肉100%。炭焼きのげんこつハンバーグが登場。

f:id:otokonodiet:20151215123323j:plain

写真はカット後。運ばれてきたばかりの状態は、名前の通りげんこつのようなまん丸な状態で運ばれてきます。

それをテーブルで切ってくれますが迫力満点。250gのハンバーグは食べごたえも充分。

これにライスが付いて値段は驚きの1,080円という衝撃の安さ!!

この値段設定なら満足度高いと思います。客層も幅広いし、帰る頃には待ち人の数は更に増えていました。

f:id:otokonodiet:20151215153941j:plain

帰宅後は会場で買ったメロンを食べます。

ゴール後もメロン2切れもらえましたが、正直味わって食べれるような状態じゃなかったので味も良く分かりませんでしたが、家でゆっくり味わって食べたメロンは甘くて美味しかったです。

これで2015年の大会は走り納め。

最初は3kmのウォーキングから始めて、1年でフルマラソン完走と上手く行き過ぎな気もしますが、これに満足することなく2016年も精進していきたいと思います。

ちなみに2016年の参戦予定は、

1/10 みのかも日本昭和村ハーフマラソン(ハーフ)

3/6 静岡マラソン(フル)

とここまでしか決まっていません。

今回フルを走ってみて色々思うこともあったし、マラソンを始めた当初の理由であるダイエットを早く成功させたいのもあるので、1週間ほどゆっくり考えて今後の予定を立てたいと思います。